ネット受付
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:木曜午後、土曜午後、日祝

ご予約・お問い合わせは

 06-6398-7822

阪急宝塚線豊中駅より徒歩4

循環器内科

循環器とは

私たちの身体の中にある血液は、心臓を起点として勢いよく血管内を流れていき、全身の隅々の細胞にまで栄養分や酸素を運びます。この血液は、各細胞から不要になった老廃物を回収し、心臓に戻ってきます。この一連の役割を担っているのが循環器です。

循環器内科について

循環器内科では、心臓そのものや、血管に生じる様々な疾患を扱います。生命が絶えるまで拍動を続ける心臓は、血液循環の要として重要な役目を果たしています。そのため、心臓に関する疾患は命に関わることも少なくありません。また、放置しておくと症状が悪化し、手遅れになることもあります。

このような事態を招かないよう、心臓(胸部)に異変を感じられた方は、お早めに循環器内科を受診してください。

循環器疾患は当クリニックにご相談ください

当クリニックの院長は、北海道大学医学部を卒業後、住友病院に勤務し幅広い症例を扱うとともに、心血管カテーテル治療の専門的な臨床経験を積んでまいりました。大阪大学大学院医学系研究科の先進心血管再生医学共同研究講座では、心筋再生医療などの先進的な研究も行っております。

こうした循環器領域での経験を活かし、当クリニックは豊中市や豊中市近郊にお住まい・お勤めの方々にとって、循環器領域の頼れるかかりつけ医となれるよう日々精進してまいります。

循環器疾患は、一旦発症すると命に関わるケースも少なくありません。このような最悪の事態をさけるため、当クリニックを受診し、必要な検査・治療を受けるようお勧めいたします。また、必要に応じて大阪大学附属病院の循環器内科、心臓血管外科などをご紹介するとともに、連携して患者さまの治療を進めてまいります。

心臓などに具体的な病気の兆候が見られる方はもちろん、目立った症状が見られない方も、健康で長生きする人生を目指し、当クリニックまでお気軽にご相談ください。

このような症状の方はご相談ください

  • 強い胸痛を感じることがある
  • 胸が締め付けられるような違和感を覚える
  • 歩行中や運動時に胸が苦しくなり、休むと少し楽になる
  • 動悸が収まらないことがある
  • 血圧が高めだ
  • 脈が乱れたり、飛んだりする
  • 横になったときなどに息苦しくなる
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 気を失ったことがある
  • 手足や顔面、首などがむくんでいる
  • 顔面が蒼白になっている
  • 健康診断などで心臓の異常を指摘された

など

循環器内科で扱う主な疾患

動脈硬化症 高血圧症 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞) 弁膜疾患(大動脈弁・僧帽弁の狭窄症や閉鎖不全症) 不整脈 心不全 心筋症(肥大型心筋症、拡張型心筋症) 閉塞性動脈硬化症 など

動脈硬化症

動脈硬化症とは、血管の内側に脂質などが沈着し血管が狭く硬くなり、血液の流れが悪くなった状態です。もちろん血管は全身にありますので全身に起こりえる病気です。加齢や高血圧症、糖尿病、脂質異常症、肥満、喫煙などが原因で引き起こされます。

具体的には、心臓を養う血管に動脈硬化が起これば狭心症や心筋梗塞、首や頭に向かう血管に動脈硬化が起これば脳梗塞や脳出血、大動脈に動脈硬化が起これば大動脈瘤や大動脈解離、足に向かう血管に動脈硬化が起これば閉塞性動脈硬化症を発生する危険性が高くなります。

病気が進行するまで症状はほとんどありませんが、動脈硬化性疾患はどれも一旦発症すると命にかかわる大きな病気です。症状が無いうちに現在の動脈硬化度(血管年齢)を知り、動脈硬化が進行するのを予防することは非常に重要です。また、すでに動脈硬化が非常に進行しているケースでは早期にカテーテル治療などを行い大病の発生をくい止める必要があります。

動脈硬化は加齢とともに少なからず進行する病気ですので少しでもご不安な方は一度、現在の血管の状態を調べてみることをお勧めいたします。当院では血管エコー検査、血圧脈波検査を行い現状を把握するとともに患者様個々の状態に合わせて今後、何に気を付ける必要があるかをアドバイスさせていただきます。

高血圧

高血圧というのは、血圧の値が高くなっている病態です。心臓は1日24時間、1年365日、常に収縮と拡張を繰り返していますので、血圧も刻々と変化しています。また、夜間や睡眠中は血圧が低くなる傾向が見られますし、逆に激しい運動を行っている最中は血圧も高くなります。季節ごとの変動もあり、一般的には寒い冬の時期に血圧が高くなると言われています。

このように、血圧は様々な要因で一時的に高くなることがありますので、高血圧イコール病気だとは言えません。運動時などに血圧が一時的に上昇すること自体は正常なのです。但し、何らかの疾患によって血圧が上がるケースも少なくありません。気になる症状が見られるときは、お早めに循環器内科を受診し、必要な検査を受けると良いでしょう。

なお、「高血圧症」については、こちらをご覧ください。

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

虚血性心疾患は、心臓の筋肉に送り届けられる血液の供給が滞ったり、途絶えてしまうことにより、心筋に異変が生じる病気です。血管の詰まり具合などにより、狭心症と心筋梗塞に分けられます。

狭心症について

狭心症は、動脈硬化などによって冠動脈が細くなってしまい、心筋への血流が足りなくなり、一時的に酸素不足になる疾患です。この段階できちんと治療を受けておかないと、冠動脈の病変がどんどん悪化し、やがて心筋梗塞を起こす危険性が高くなります。

運動をしたり坂道や階段を上った際に出現するような胸の症状は危険信号です。一刻を争う事態になる可能性がありますので、我慢せずにすぐに受診してください。

狭心症の初期段階でよく見られるのは、階段や坂道を上ったときや、急ぎ足で歩いたときに心臓に異変が生じる「労作性狭心症」です。激しい運動の際には誰もが息を切らしますが、狭心症の場合は、軽い運動や日常生活の中でも息が切れるようになり、胸の中央部が締め付けられたり、何かを押し付けられているような圧迫感を覚えるようになるのです。

通常はしばらく安静にすることで圧迫感などは収まります。しかし、病状が進行するとさらに軽い動きで症状が出るようになり時には安静にしているときにも胸の症状が出ることもあります。

狭心症の症状は様々であり、左肩や左腕が痛くなることや歯や首筋に痛みを感じることもあります。このように狭心症の症状は多様であり、検査せずに自己判断することは危険です。何か心配な症状がありましたら詳しく調べますのでどうぞお越しください。

心筋梗塞について

冠動脈が詰まって血液の供給が完全に途絶えると、心臓の筋肉に酸素と栄養が届けられなくなり、やがてその領域の筋肉が壊死してしまいます。このように虚血状態が続いて心筋の一部が死んでしまう病気が心筋梗塞です。

心筋梗塞になると、激しい胸の痛み、重い感じ、呼吸困難、冷汗、嘔吐などの症状が出現します。但し、高齢者や糖尿病の方の場合は胸痛を自覚しないことがあり、病状が一層悪化してしまうこともあるので要注意です。

弁膜疾患(大動脈弁・憎帽弁の狭窄症や閉鎖不全症)

心臓の内部は、右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋に分かれており、左右の心室からは大動脈と肺動脈という太い血管が伸びています。弁膜疾患は、この心房と心室の間、心室と動脈の間にある弁に支障が発生する病気です。4つの弁の全てに障害が起こりうるのですが、特に多いのが左心房と左心室の間にある僧帽弁、左心室と大動脈の境目にある大動脈弁に生じる疾患です。

具体的な障害には、弁がぴったりと閉じなくなる「閉鎖不全症」と、弁がうまく開かなくなる「狭窄症」があり、それぞれ大動脈弁閉鎖不全症、大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症などと呼ばれます。

以前はリウマチ熱の後遺症として弁膜症が起こるケースが多く見られましたが、現在は効果的な抗生物質が用いられているため、このタイプは減少しています。

その一方で、動脈硬化や心筋梗塞に伴って心臓弁が変形してしまうタイプが増加傾向にあります。65歳を超えると急激に罹患率が上昇しますので、高齢の方は特に注意が必要です。また、生まれつきの形態異常で弁膜症が起こることもあります。

これらの弁の異常は胸部の聴診や心エコー検査で診断ができます。最近、むくみが出てきた方や疲れやすいと感じる方は一度お調べになることをお勧めいたします。

不整脈

心臓の脈拍は常に一定という訳ではありません。安静にしているときは緩やかになり、運動時などは早くなります。しかし、このような原因がないにもかかわらず、脈が速くなったり、遅くなったり、不規則になったりすることがあります。これが不整脈です。

主な原因は、冠動脈疾患や心臓弁膜症、心不全などの心臓関連疾患ですが、甲状腺異常や肺に病気がある人も不整脈になりやすい傾向があります。この他、老化や体質的要因、ストレス、睡眠不足、疲労など様々な要因によって不整脈は起こります。

不整脈は発作的にごく短時間発生することが多く通常の心電図検査では診断することが非常に困難です。当院では最新型のホルター心電図(24時間心電図)を用いて不整脈の特定を行います。

不整脈の主な種類

早い脈(頻脈)
頻脈になると、心臓の辺りがドキドキと強く動いているような動悸を感じるようになります。さらに脈が速くなっていくと、心臓が全身に血液を送り出せない状態となってしまい、吐き気や冷や汗、意識消失などの症状がでてきます。
遅い脈(徐脈)
徐脈になると、フラッとしたり、めまいがしたり、意識がなくなって卒倒したりします。徐脈状態が長い間続くと、心不全状態となり労作時に息切れがするようになります。
脈がとぶ(期外収縮)
期外収縮になっても自覚症状を感じないことが多いのですが、症状を感じるときは、脈が飛んだり、胸の周辺部分に不快感を覚えたり、胸が痛くなったりします。これらの痛みは比較的狭い範囲で起こり、数十秒以内に収まることが多いです。

心不全

心不全は、心臓の機能が衰えることにより、息切れやむくみなどが起こってしまう状態の総称です。放置すると、どんどん悪化していき、最終的には死に至ることもあります。実際、わが国の循環器疾患による死亡率は、がんに次いで第2位となっており、心不全によって死亡するケースが非常に多く見られます。

心不全になると、心臓のポンプ機能が低下するため、肺に送られた血液を心臓に戻しにくくなります。そのため、肺の内部に血液が滞留し、息切れが起こるのです。

このような血液の滞留は肺だけで起こるわけではありません。全身の様々な部位(特に足など)で発生し、むくみが生じます。この他、心臓機能の低下によって疲れやすくなったり、手足の先などが冷えやすくなったりします。こうした症状が見られたときは、循環器内科などを受診するようにして下さい。

心筋症(肥大型心筋症、拡張型心筋症)

心筋症は、何らかの要因によって心筋が障害を受けることにより、心臓の機能が低下してしまう病気です。心臓弁膜症や高血圧症などの病気によって引き起こされる二次性心筋症と、原因が明らかになっていない(一部に遺伝子異常の関与が報告されている)特発性心筋症があります。後者については、さらに肥大型心筋症(心筋の壁が著しく肥厚し、内部が狭くなるタイプ)、拡張型心筋症(心室が拡大し、心室の壁が引き伸ばされて薄くなるタイプ)、拘束型心筋症(心室の壁が硬くなるが、必ずしも厚くはならないタイプ)の3種類に分けられます。

心筋症になると、息切れや倦怠感、むくみなどの症状が出現し、次第に悪化していきます。不整脈も起こりやすくなるため、動悸や失神が起こりやすくなり、突然死の原因となることもあります。地方自治体(市町村)や事業所の健康診断で心拡大、心電図異常、心臓の雑音などを指摘された方は、心筋症の可能性もありますので、お早めに循環器内科を受診されるようお勧めいたします。

閉塞性動脈硬化症

脚の血管などで動脈硬化が進み、血液が流れにくくなったり、血管が詰まったりする疾患です。高齢化や生活習慣の変化によって閉塞性動脈硬化となる方は増え続けており、特に男性の中高齢者(特に喫煙者)で頻繁に見られます。

動脈硬化によって血流が悪くなると、歩行時に足が痺れたり、痛みが生じたり、足が冷えやすくなったりします。進行すると、安静にしていても痛みが生じるようになります。さらに、重症になると下肢の組織が壊死していき、足を切断しなければならないケースもあります。

閉塞性動脈硬化症は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)の合併症としても知られています。歩行時の足の痺れや痛みなどが生じた際は、心臓などにも何らかの障害が発生している可能性がありますので、お早めに医療機関を受診するようにして下さい。

ともやま内科循環器クリニック

診療科目
内科・循環器内科
院長
巴山 里木 (ともやま さとき)
所在地
〒560-0021
大阪府豊中市本町1-8-5
アクロスキューブ豊中2F
電話番号
06-6398-7822
アクセス
阪急宝塚線豊中駅より徒歩4
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

休診日:木曜午後、土曜午後、日祝